あっという間にデスクが片付く!書類整理テクニック

デスクまわりの片付けに悩む人に役立つ情報サイト

>

目的やメリットを把握しよう

仕事がスムーズにできる

デスクまわりがスッキリすると、気持ちよく仕事をすることができます。
そのためには、現在取り組んでいる仕事に必要な資料だけを用意することが大事です。

仕事で使う資料をプリントアウトするときは、ペンで連番を打つとバラバラにならなくても済みます。
手書きのメモなどにも連番があると安心できますよね。

仕事の資料は、必要に応じてホッチキスで留めておくこともポイントです。
針なしタイプのホッチキスもあり、留めて重ねたときに膨れないメリットでも注目されています。

クリップを使って留めるときは、クリップの種類によっては外れてしまう恐れがあることを把握しておきましょう。
クリップを留めた箇所だけカサが高くなってしまいます。
そうならないためには、クリップを留める位置を左右にズラすなどの工夫として、積み上げたときにバランスを崩さないように心掛けましょう。

探し物をしなくてもよい

仕事に必要な資料は、収集するだけでなく保管方法を工夫することも大事です。
同じ仕事で使う資料は、クリアファイル(ブック式ではないタイプ)に入れましょう。
その後、フォルダに立てて保管しておくと、探し物をしなくても済みます。

クリアファイルは、用途ごとに色分けして使う方法があります。
また、取り出し部分と反対の部分にカラーシール(赤や黄の丸形など)を貼って分けることも考えましょう。
こちらの方法だと透明のクリアファイルを使い回せるので、経費節約にもつながります。

デスクや収納棚などにフォルダを置くとき、背表紙側を手前にすることが多いですよね。
しかし、前後を逆にすることで、フォルダ内のファイルの出し入れが便利になります。
また、必要なファイルの場所がわかりやすいメリットも期待されます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る