あっという間にデスクが片付く!書類整理テクニック

デスクまわりの片付けに悩む人に役立つ情報サイト

これでバッチリ!デスクまわりを整理して効率的に仕事をしよう

「汚部屋」までいかなくても、片付けが苦手な人も多いはず。 そのような空間にいると落ち着かないだけでなく、なんらかの弊害があるかもしれません。 たとえば、デスクワークをしている人は、仕事に支障がでてくることも考えられます。 そうならないためにも、デスクまわりを片付ける意義について知っておきましょう。

片付けの意義を考えよう

身のまわりを整理整頓すると、気持ちよく生活することができます。
これは、日頃の生活スタイルが関係するかもしれません。
また、その人の性格にもよるでしょう。
几帳面な人がいる一方、超プラス思考の人も存在するからです。

もちろん、本人の努力だけでは克服できない部分も少なくありません。
まわりの人が理解やサポートが必要なケースも少なからず存在します。
そういった事情を踏まえたうえで、デスクを片付けるための書類整理テクニックを考えていきたいと思います。

仕事を効率的にこなすためには、必要な書類の保管場所を把握することが大切です。
また、取り出しが簡単にできるだけでなく、元に戻すときにストレスを感じないことも大事なポイントです。

仕事をするときは、複数の案件を同時進行で行うことも少なくありませんよね。
電話で受け答えが必要な部署では、電話の相手を待たせない配慮も大事です。
上司から資料の提出を求められたときや、仕事の進捗具合を聞かれたときは、すぐに答えられる体制づくりも不可欠です。

すべてにおいて迅速な対応が課せられる時代にあって、デスクまわりの整理整頓は大きな課題ではないでしょうか。
デスクの上だけでなく、引き出しを整理することも大事です。
資料を整理するために、クリップやホッチキスなどの事務用品は欠かせません。
また、使う頻度が少ないものは、引き出しに入れておくことも大切といえます。

こちらのサイトでは、デスクまわりの整理整頓に悩む人に役立つ情報をまとめました。
書類整理はもちろん、文房具などをスッキリ片付けることで、快適なデスクワークを目指しましょう。

目的やメリットを把握しよう

仕事に集中するためには、デスクまわりをきちんと片付けることが大事です。 外で働く人はもちろん、自宅で仕事をする人も考える必要があるのではないでしょうか。 ここでは、デスクまわりを片付けることで期待される目的やメリットについて、具体例を紹介していきます。

自分に合った方法を確立しよう

デスクまわりの片付けは、自分に合った方法で行うことがポイントです。 もちろん、職場のやり方を無視することはできません。 また、自分のデスクとはいえ、ほかの人が使うことを考える必要があるからです。 外で働いている人は、勤務先の決まりを把握したうえで、無理なく実施するとよいでしょう。

TOPへ戻る